ホーム > お知らせ

お知らせの画像

●8月のいーらサロンは県民の日イベント「フェスタ・シズウエル」

日時:8月18日(土)10:00〜14:00
会場:シズウエル全館〜2階センターへ
〜恒例のフェスタ・シズウエルは全館で行われる福祉と健康のお祭りです。センターでは点字体験教室を開催しています。〜

“フェスタ・シズウエル”ってどんなイベント?
・オープニングセレモニー「富岳太鼓の実演」(1階)
・紙切りパフォーマンスや食品サンプルづくりなど(7階)
・ニュースポーツ(カローリング・スカットボール)(6階)
・被災地支援の物産展(2階)
・食品バザー、昔遊びや竹籠つくりのコーナー(1階)
・盲導犬・白杖体験(1階)  などなど

いろいろな企画があります。是非ご参加ください。

『点字体験教室』同時開催!(10:00〜14:00  2階・情報支援センター内)
自分の名前を点字で書いてみよう〜名刺づくりにチャレンジです。
申込・問い合わせ:054-253−8180
メール:info@i-center-shizuoka.jp


◆7月2日(月)臨時休館のお知らせ◆

7月1日(日)「利用者懇談会」を開催しますので、翌2日(月)は臨時休館とします。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


●7月のいーらサロンは「おいしいコーヒーはいかが?」

〜コーヒーといえば、あの香り、そしてあの味わい。今や日常生活と切っても切れない存在と言えます。今回はコーヒー豆専門店のスタッフをお招きして、歴史や飲み方の解説に加え、味の違いを飲み比べてみます。「違いのわかる男」いや女に、あなたもなってみませんか!〜
日程:7月21日(土)13:15〜15:30
会場:5階集会室
持物:マグカップ
講師:(株)フレッシュロースター珈琲問屋 静岡店
※茶菓子代につきまして実費をいただきます(300円程度)

申込・問い合わせ:7月18日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


7月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■7月14日(土) 13:15〜16:45 「パソコン分解、触察ラボ」

〜皆さんは、パソコンケースを開けて見たことありますか。ハードディスク、メモリ、ケーブル、マザーボード、究極はやはりCPU。これらパソコンの部品たちが、所狭しと並んでいます。センターで廃棄処分するデスクトップパソコンを題材に、普段触ることのないパソコン内部を、徹底的に、興味本位に解剖しちゃいます。〜

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人
申し込み締切:7月11日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


利用者懇談会のご案内

 いつも当センターをご利用いただきありがとうございます。
 静岡県視覚障害者情報支援センターは、利用者の皆様からご意見を伺い、情報交換を図る機会とし、県の東・中・西を順番に巡り、各地域で利用者懇談会を開催してまいりました。
 今年度は中部地区・ここシズウエルで開催いたします。交流・相談・体験といろいろな企画を準備しておりますので、大勢の皆様のご参加をお願い申し上げます。

◆日時 7月1日(日)10:00〜16:00(受付:9:30)
◆会場 静岡県総合社会福祉会館 シズウエル 6階 601・602会議室
◆内容
  (1)職員紹介とごあいさつ 10:00〜(602会議室)
  (2)意見交換 10:30〜(602会議室)
  (3)ランチタイム 11:30〜(602会議室)
  (4)機器体験会 12:15〜16:00(601会議室)
  (5)白杖とガイドに関する相談と体験会 13:00〜16:00(602会議室)
◆協力 (株)ラビット、リライアンス、(株)タイムズコーポレーション、盲人福祉研究会、(有)エクストラ
◆申込・問い合わせ
電話:054-253-0228、054-253-8180
E-Mail:info@i-center-shizuoka.jp

◆機器体験会の詳細 12:15〜16:00(601会議室)
@ 「RIVO(リボ)2」体験会(「ラビット」コーナー)
 アイフォンを使いこなすためのキーパッド
 ※二人一組、30分ずつの完全予約制です。
 (12:15・13:00・13:45・14:30・15:15の5枠)
A 触ってみなきゃわからない〜グッズ体験会
 ●「リライアンス」コーナー 快速よむべえ、アイホンアプリなど
 ●「タイムズコーポレーション」コーナー クリアリーダープラス、ルーペ、拡大読書器など
 ●「盲人福祉研究会」コーナー 斯波さんちの便利グッズ
   〜探しているものがみつかるの巻〜
   ※お探し物のリクエストを受付中です!
 ●「エクストラ」コーナー ブレイズET、点字ディスプレイなど  


6月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■6月9日(土) 13:15〜16:45 「エクセル、3度目の挑戦!」

〜エクセルはいったいなにに役立つのか、という素朴な疑問から、レイアウトを整えるための秘策はあるのか、という込み入った疑問まで、さまざまな切り口でエクセルを考えてみましょう。エクセル座標を単独歩行!どこにたどり着けるか?〜

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人
申し込み締切:6月6日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


●6月のいーらサロンは「スポーツいーら〜ユニカール」

〜冬季五輪でにわかに注目度アップのカーリング。その陸上バージョンがこの「ユニカール」です。専用カーペット上でプラスチックストーンを滑らせ、所定のセンターサークルに味方のストーンをいくつ残せるかという、チームワークや作戦が物言うスポーツです。〜

日程:6月16日(土)13:15〜15:30
会場:6階体育館
服装:動きやすい服
持物:体育館シューズ、飲み物

申込・問い合わせ:6月13日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


「出前センターin下田」開催のご案内

■出前センター in下田
今回の出前センターは、歩行・相談・交流・機器展示などセンターのサービスをお届けするため、魅力あふれる6月の下田にお伺いします。利用者の皆様をはじめ、ご家族、支援者、その他大勢の皆様とお目にかかれるのを楽しみにしておりますので、皆様お誘い合わせのうえ、多数ご参加くださいますようご案内いたします。



日時:6月7日(木)10時30分〜15時20分
会場:下田市総合福祉会館 教養娯楽室1・2
   (下田市4丁目1-1 電話0558-22-3294)
※伊豆急下田駅から徒歩7、8分
※会場には駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください
協力:下田アイフレンズ/(有)エクストラ/(株)タイムズコーポレーション
●プログラム
開始・・・10時15分
@パソコンを趣味に使う!
Aプレクストーク最新機種の紹介
ランチトーク・・・12時00分  ※昼食はご自身でご用意ください
相談・体験・展示コーナー・・・12時45分
@歩行サロン(1組45分程度)〜歩行やガイドに関する相談を受け付けます。
Aなんでも相談コーナー(1組45分程度)〜機器類の使い方や各種相談を受け付けます。
B機器展〜カメラで写したものを読み上げる機器類など。ブレイズET、クリアリーダープラス、快速よむべえ、ほか
※それぞれの機器の特徴を比較できます
終了・・・15時20分

●申込・問い合わせ:静岡県視覚障害者情報支援センター
TEL:054‐253-8180(生活情報・相談部門)
 Mail:info@i-center-shizuoka.jp


■「歩行と移動、そしてガイドに関する相談会」
〜楽しく・安全な移動のための「歩行サロン」〜

●日時:6月2日(土) 13時、14時、15時の3枠
*完全予約制ですので、ご希望の時間帯をお申し込みください。(定員3名・先着順)
*お1人(1家族)あたり、1時間弱を予定しています。

●会場:シズウエル5階 集会室

*ご希望に応じて、館内の階段や施設周辺の道路を歩きます。

●申込・問い合わせ:静岡県視覚障害者情報支援センター
TEL:054‐253-8180(生活情報・相談部門)
Mail:info@i-center-shizuoka.jp

〜白杖の選び方や購入の仕方、あるいはガイド歩行についてなど、歩行にまつわる悩みや疑問などにお答えします。こんなときはどのように白杖を使えばいいの?とか、ガイドさんとうまく歩けないけどどうしたらいい?など、体験しながら疑問を解決していただけます。
歩行訓練士2人(女性と男性1人ずつ)が、予約された方に個別に対応しますので、女性の方も男性の方も、お一人でもご家族とでも、安心してご利用いただけます。
外歩きを楽しく、そして少しでも安全な移動を身につけていただければと思います。そのお手伝いをいたします。〜

※来所が困難な方を対象に、ご自宅に歩行訓練士を派遣する、在宅歩行訓練も受け付けております。お気軽にお問合せください。


●5月のいーらサロンは「静岡あっちこっち〜日本平動物園〜」

〜初夏の動物園に足を運んでみませんか。ガイドボラの案内で園内を散策し、動物たちの息遣いや動きを感じたり、説明を聞いたりします。みんなでお弁当を広げるのもよし、すがすがしい1日を青空の下で過ごしましょう。〜

日程:5月19日(土)
持ち物:身障手帳、弁当、飲み物
※交通費など、実費がかかります。
※集合時間・場所等、個別に打合せします。
申込・問い合わせ:5月16日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


5月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■5月12日(土) 13:15〜16:45 「メモ帳ソフトあれこれ」

〜PC−TALKERにはマイエディットというメモ帳ソフトがついてきます。そのほか、そもそもウィンドウズにはメモ帳というソフトがあり、市販ソフトもあれば、なんと音声向けのフリーソフトもあります。「物を書く」ことに特化したメモ帳ソフトが今回のテーマです。手になじむ物書きソフトに出会えるでしょうか…。〜

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人
申し込み締切:5月9日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


「視覚障害ボランティア研修会」開催

来る4月20日(金)、「視覚障害ボランティア研修会」が下記のとおり開催されます。視覚障害サポートに係わるボランティアが一堂に会し、研修・交流を行う年に一度のボランティア研修会です。
静岡県下で同じように活動する点訳・音訳・誘導などのボランティアの皆様もお気軽にご参加ください。

(日時)  平成30年4月20日(金) 10:00〜15:00
(会場)  703会議室・601会議室
(参加申込)  電話・メールで。054−253−0228・info@i-center-shizuoka.jp
(内容)
午前の部  10:00〜12:00 703会議室
1.挨拶
静岡県視覚障害者情報支援センター センター長    堂本 邦子
静岡県視覚障害者情報支援センター 顧問   立花 明彦 
静岡県健康福祉部 障害者支援局 障害福祉課長 土屋 正純 様
2.職員紹介
静岡県視覚障害者情報支援センター 司書         塚本 恵美
静岡県視覚障害者情報支援センター 音訳指導員     芝本 安由美
静岡県視覚障害者情報支援センター 点字指導員     黒崎 よし乃
静岡県視覚障害者情報支援センター 貸出閲覧員     岩邉 敬子
静岡県視覚障害者情報支援センター 生活相談支援員  土居 由知
静岡県視覚障害者情報支援センター 生活訓練支援員  前田 直子

3.感謝状授与

4. 講演 『視覚障害者用福祉機器はユニバーサルデザインの原点―生活の質の向上を目指して―』
講師: 斯波 千秋 氏
(NPO法人六星代表理事/盲人福祉研究会代表)  

昼食・休憩  12:00〜13:00

点訳研修会  13:00〜15:00
1. てびき改訂について
2. 連絡事項

音訳研修会  13:00〜15:00
1. 図書の利用と読書環境について
2. 連絡事項


4月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■4月14日(土) 13:15〜16:45
「デイジー機器入門・体験編」
会場:シズウエル 2階センター内
持ち物:日頃お使いのデイジー機器

〜前半は、日頃使っているデイジー機器について、わからないことや困っていることを具体的に操作しながら、解決してみたいと思います。後半は、新機種PTR3の使い方を紹介します。パワーアップした機能と、残念ながら盛り込まれなかった機能など、新旧機種を比べていただけます。〜〜マイブックで読める本は、音声デイジーだけじゃない!点字の本も、テキストデイジーも、それからサピエ以外の電子データなども読めるのです。情報は整理して初めて意味を持つ。「本棚」機能を使って手元の情報を賢く管理してみましょう。〜

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


●4月21日(土)は「手のひら水族館」

日時:4月21日(土) 13時15分〜16時
会場:シズウエル 5階 集会室
申込・問い合わせ:4月18日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp
〜3Dプリンタで出力したお魚の模型を触りながら、その魚の生態について、お話をお聞きします。普段触る機会の少ない魚をじっくり手で味わってみませんか。決して口に入れてはいけません!頭からしっぽまで、手のひらで楽しむ水族館タイムです。〜


●3月のいーらサロンは「ライブ!音声解説映画体験会」

日時:3月17日(土) 13:15〜16:00
会場:シズウエル 5階 集会室
作品:『刑事コロンボ〜死の方程式』(1972年、エドワード・M・エイブラムス監督)
申込:2月14日(水)まで 054-253−0810

〜アイサポの皆さんが手作りした音声ガイドで楽しむ上映体験です。今年度は、倒叙ミステリ(最初に犯人が登場し、謎解きをメインに展開する形式)の代表格、刑事コロンボ「死の方程式」を取り上げました。あらすじは、道楽が過ぎて化学会社専務の座を追われる危機に際し、爆殺で報復するという、若干派手な作風です。声優はおなじみ小池朝雄に加え、犯人役は野沢那智が担当。犯人をじりじりと追い詰めるスリルをどうぞ!〜


3月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■3月10日(土) 13:15〜16:45
「ネットリーダーでお買い物」

〜新生活に向けてここからスタート!ネットリーダーの無償アドインソフトを使って、アマゾンや楽天市場の商品検索を手早く・手軽に行ってみます。便利で楽しいネットショッピングの世界をぜひどうぞ。新生活を迎える方も、必要なものを手に入れるノウハウを身に着けてみませんか。〜
会場:センター内ミーティングスペース

定員:4人(先着順)
申し込み締切:3月7日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


■「歩行と移動、そしてガイドに関する相談会」
〜楽しく・安全な移動のための「歩行サロン」〜

〜白杖の選び方や購入の仕方、あるいはガイド歩行についてなど、歩行にまつわる悩みや疑問などにお答えします。こんなときはどのように白杖を使えばいいの?とか、ガイドさんとうまく歩けないけどどうしたらいい?など、体験しながら疑問を解決していただけます。歩行訓練士2人が、予約された方に個別に対応しますので、お一人でもご家族とでも、安心してご利用いただけます。外歩きを楽しく、そして少しでも安全な移動を身につけていただければと思います。そのお手伝いをいたします。〜

●日時:3月3日(土) 13時、14時、15時の3枠
*完全予約制ですので、ご希望の時間帯をお申し込みください。(定員3名・先着順)
*お1人(1家族)あたり、1時間弱を予定しています。

●会場:シズウエル5階 集会室
*ご希望に応じて、館内の階段や施設周辺の道路を歩きます。

●申込:ご希望の方は、2月28日(水)までに、センターへお申し込みください。(054−253−8180)

※来所が困難な方を対象に、ご自宅に歩行訓練士を派遣する、在宅歩行訓練も受け付けております。お気軽にお問合せください。



2月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■2月10日(土) 13:15〜16:45
「マイファイルでデータ管理」

〜パソコン操作で欠かせないのは、やはりファイル管理。
PC-TALKERにバンドルされている「マイファイル」を使って、データの管理をしてみよう。使うアプリをメニューから選択するのではなく、目的のファイルからアプリを起動する、大逆転の発想がパソコンライフを一変します!〜

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人(先着順)
申し込み締切:2月7日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


●2月のいーらサロンは「百人一首で遊ぶ」

〜見えなくても楽しめる「百人一首、カルタ取り」に挑戦してみませんか!難易度に合わせて20枚一組を使う「五色百人一首」は学校教育でも取り入れられており、目の見えない・見えにくい私たちにも手頃なサイズ感です。カルタの配置や動かないように固定するボードなどの工夫が、スピーディーかつエキサイティングな勝負を可能にしています。どんな見え方でも楽しめますので、とにかく体験あるのみです!〜

日時:2月17日(土)13:15〜16:00
場所:シズウエル 5階 集会室
講師:南沢創氏(盲学校教員)
申込:2月14日(水)まで 054-253−0810


「出前センターin御前崎」開催のご案内
〜機器展、体験会、相談、そしてワンポイント講座〜

今年度最後の「出前」は、御前崎に伺います。お近くの皆さん、ぜひお越しください。交通アクセスなど、ご不明な点につきましては、センターまでお気軽にお問い合わせください。

日時:2月11日(日) 10:00〜16:00
会場:御前崎市 池新田公民館2階 会議室
    (御前崎市池新田3262番地 電話:0537-86-2200)
※最寄りのバス停は「御前崎営業所」です。
協力:盲人福祉研究会、榛南視覚障害者協会
内容:
(1)何でも相談コーナー
見えないことで困っていること、歩行や移動で心配なこと、そのほか「何でも相談」できます。白杖の使い方やガイドの受け方など、その場で体験していただけます。当センターへの登録もできます。
(2)便利グッズ・機器展示コーナー
音声読書器(プレクストークシリーズ)をはじめ、日常生活で使える便利グッズを手にとって、使い勝手を確かめていただけます。持っている機器の使い方がわからない場合も、持参していただければ、その場で説明します。
(3)県民啓発講座(10:00〜12:00)
ボランティアや当事者、一般県民を対象に「視覚障害者への声かけサポート・誘導のワンポイント講座」を開催します。(参加費・無料)

●申込・問い合わせ:静岡県視覚障害者情報支援センター
TEL:054‐253-8180(生活情報・相談部門)
 Mail:info@i-center-shizuoka.jp


年末年始の休館のお知らせ

いつもご利用いただきありがとうございます。
■静岡県視覚障害者情報支援センターの年末年始の休館は下記のとおりです。
 休館日:平成29年12月29日(金)〜平成30年1月3日(水)
■休館に伴い、図書・雑誌の貸出も下記のとおり休止となります。
 貸出休止期間:平成29年12月28日(木)〜平成30年1月4日(木)

※なお、年末の郵便事情により年内にお届けできない場合もありますので、お申込はお早めにお願い致します。


●1月のいーらサロンは「ペーパークラフト」

〜捨ててしまう紙を利用して、日常で使えそうなものを作ってみよう、というのが今回のサロンです。センターではどうしても廃品に回す点字用紙が出てしまうのですが、それを使います。切る、折る、組む、指先を動かすことは、脳の刺激にもいいそうです。ちょっとしたものから、少し考えて組み合わせるユニット系まで、ペーパークラフトの魅力に迫ります!〜

日時:1月20日(土)13:00〜16:00
場所:シズウエル 5階 集会室
申込:1月17日(水)まで 054-253−0810


1月のTTサロンへのお誘い  〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■1月13日(土) 13:15〜16:45
「これは便利!フリーソフトあれこれ」

〜こんなに多機能なのにほんとにただで使えるの?そんな便利でお得なフリーソフトをご紹介。もちろん、とっておきの情報もお待ちしています。またフリーソフトの見つけ方も触れてみる予定。〜

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人(先着順)
申し込み締切:1月10日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


●12月のいーらサロンは「恒例!年の瀬のワイワイサロン」

時 間:10:00〜16:00
場 所:シズウエル 5階 音楽室
参加費:およそ1000円(お弁当とおやつ代)
講 師:山本睦実氏(バルーンアーティスト)
内 容:@バルーンアートに挑戦!
     AP&Pゲームに挑戦!

@午前中はバルーンアート(風船で形作る作品)に挑戦!〜バルーンアートの魔術師に弟子入りして、作品を作ってみましょう。
A午後の企画は、今はやりのP&Pゲームに挑戦!〜P&P? Paper and Pencil、つまり紙と筆記用具だけで行なうゲームです。今回は、日本人ゲームデザイナーが考案した「いい線いきまshow」を取り上げます。ゲームは至って簡単。お題に対して参加者が「正解と思う数字」を紙に書いて発表し、出された中で「真ん中の数字」に点数が与えられます。「日本の日曜日の朝、10時まで寝ている人は何人いるか」、こんなお題に何人と答えますか?二人一組になって、できるだけ「いい線」を狙いまshow。
Bもちろん恒例の「おいしいおやつ」にも、乞うご期待!〜


「出前センターin掛川」開催のご案内
〜機器展、体験会、相談、そしてワンポイント講座〜

「静岡はやっぱり遠い、出かけたくてもなかなか出かけられない」とおっしゃる皆様のもとへセンターが伺います。
お近くの皆様、是非この機会にお出かけください。

●日時:11月23日(木曜日・祝日) 10:00〜16:00

●会場:掛川市総合福祉センター「あいりーな」 2階(共用会議室及びボランティア室)
(掛川市掛川910−1 電話:0537−22−8795)    

●内容:
(1)出張!ITサロン(10:00〜12:00)
「ネットリーダーをしなやかに使う〜移動コマンドの威力〜」
〜情報の山はそこにある…インターネット。登らなくてもいいけれど、存分に利用しなきゃ、損損。だからネットリーダーを使いこなそう!しかもしなやかに。タブキーを連打するのは、もう古い!指が覚えるジャンプコマンド。「目当ての情報に素早くアクセス」をポイントに。 (持物:各自ノートパソコンをご持参ください)〜

(2)相談コーナー(13:00〜16:00)
「住まいの防災対策相談」〜それぞれの地震対策を一緒に考えます〜
「歩行と移動の相談」〜単独歩行やガイド歩行、何でも相談〜

(3)盲導犬体験コーナー(10:00〜16:00)

(4)防災グッズ展示(13:00〜16:00)

(5)県民啓発講座(10:00〜12:00)
〜視覚障害者への声かけサポート・誘導のワンポイント講座〜

●協力:日本盲導犬協会「富士ハーネス」、(有)大石製作所

●申込・問い合わせ:静岡県視覚障害者情報支援センター
TEL:054‐253-8180(生活情報・相談部門)
 Mail:info@i-center-shizuoka.jp


■「歩行と移動、そしてガイドに関する相談会」
〜楽しく・安全な移動のための「歩行サロン」〜

●日時:12月2日(土) 13時、14時、15時の3枠
*完全予約制ですので、ご希望の時間帯をお申し込みください。(定員3名・先着順)
*お1人(1家族)あたり、1時間弱を予定しています。

●会場:シズウエル5階 集会室
*ご希望に応じて、館内の階段や施設周辺の道路を歩きます。

●申込:ご希望の方は、11月30日(水)までに、センターへお申し込みください。(054−253−8180)

〜白杖の選び方や購入の仕方、あるいはガイド歩行についてなど、歩行にまつわる悩みや疑問などにお答えします。こんなときはどのように白杖を使えばいいの?とか、ガイドさんとうまく歩けないけどどうしたらいい?など、体験しながら疑問を解決していただけます。
歩行訓練士2人(女性と男性1人ずつ)が、予約された方に個別に対応しますので、女性の方も男性の方も、お一人でもご家族とでも、安心してご利用いただけます。
外歩きを楽しく、そして少しでも安全な移動を身につけていただければと思います。そのお手伝いをいたします。〜

※来所が困難な方を対象に、ご自宅に歩行訓練士を派遣する、在宅歩行訓練も受け付けております。お気軽にお問合せください。


11月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■11月11日(土) 13:15〜16:45
「マイアクセスとVDJWの使い方〜住所録ソフトの活用法〜」

〜今回取り上げるのは、視覚障害者のための住所録ソフト、そして簡易データベースソフト。年の瀬の年賀状準備にあわせ、使い方、活用法に焦点を当てる。エクセルとのデータ互換性もあり、使いだすと手放せないソフトでもある。時間が許せば応用操作にもチャレンジ。〜

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人(先着順)
申し込み締切:11月8日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


●11月のいーらサロンは「健康いーら〜ピラティス第2弾」

〜ピラティスとは、呼吸を連動させ、体の中心であるお腹・背中・お尻を鍛え、体力・筋力を向上させながら、ボディーラインを整えるエクササイズです。激しい運動ではなく、ヨガのようにゆっくりとしたもので、考案者ジョセフ・ピラティスは「10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で身体のすべてが変わる」といいます。〜

日時:11月18日(土)13:15〜16:00
会場:シズウエル5階 集会室
持物:厚めのタオル、飲み物

申込・問い合わせ:11月15日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


●10月のいーらサロンは「駿府のまちづくり〜歴史散歩」

〜駿府96ヵ町といわれた駿府城下町は、城の北西に武士、南西に商人・職人の居住地を構え、西端の寺院が城下町を守るという町割りになっていました。今も残る職業由来・人名由来の町名碑から、400年前の10万人都市・駿府城下町をしのびます。駿府ウエイブ・原田さんの解説で“家康公のまちづくり”を巡ります。〜

 日時:10月21日(土)13:00〜16:00
     13:00〜13:30 座学(集会室)
     13:45〜(出発)シズウエル〜ペガサート〜伝馬町〜<町名碑>〜西宮神社〜シズウエル(解散)
 集合:シズウエル5階 集会室
 協力:駿府ウェイブ・原田さん

申込・問い合わせ:10月18日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


10月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■10月14日(土) 13:15〜16:45
「ネットブラウザを極める!」

〜音声ブラウザの代表格「ネットリーダー」。使いこなせば、趣味や実益にかなう情報がざっくざく。どんなサイトがあるのか、探している情報はどこにあるのか、参加者の智恵をフル活用して、ネット空間を効率よくブラウジング。〜

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人(先着順)
申し込み締切:10月11日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


◆9月11日(月)臨時休館のお知らせ◆

9月10日(日)「防災フェア〜防災と支援を考える集い」を開催しますので、翌11日(月)は臨時休館とします。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


「アイサポ・ミニ」講座へのお誘い
〜サポートのコツ、誘導、声掛け、見守りなど〜

今年度の「アイサポ・ミニ」では、誘導だけではなく、生活のシーンに合わせて「ちょっとしたお手伝い」を取り上げます。
多くの人の「見守り」と適切な「声掛け」、その輪を広げる一員に、あなたにもぜひ、加わっていただきたいと切望しています。

●第2回「見えない人もテレビ見るの?」
日時:9月30日(土)、10時〜12時
場所:シズウエル 5階調理室
参考:その日の午後は当事者と「おいしいお茶しよう」ということで、ホットな飲み物を用意して、おしゃべりに花を咲かせましょう。

申込・問い合わせ:9月27日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


●9月のいーらサロンは「おいしいお茶しよう!」

〜お茶、コーヒー、紅茶…。おいしく入れるこつとは?カップラーメンにお湯を注ぐ、なんてことも題材にしつつ、コップに液体を注ぐ術を考えます。また『かわら版』に掲載されているおーいしいお菓子を用意して、みんなで味わいましょう!〜

日時:9月30日(土) 13時15分〜16時
集合:シズウエル5階 調理室
※お茶菓子代として実費をいただきます。

申込・問い合わせ:9月27日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


9月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■9月16日(土) 13:15〜16:45
PC-TALKERを便利に使う

〜PC-TALKERにバンドルされている数々のソフトたち。うまく使わない手はない。ということで、まずはマイサポート、マイエディット、そしてKTOSを徹底解剖。次にPC-TALKERのカスタマイズについて実践。音質やスピードの調整、記号の読ませ方、などなど。〜

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人(先着順)
申し込み締切:9月13日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


第1回防災フェア2017
「防災と支援を考える集い」のご案内
〜発災から支援まで、自助・共助・公助の在り方を考える〜

地震や風水害などの災害に見舞われたとき、自分がどこにいて、どのように対処できるか、あなたはイメージできますか。1分1秒を争うとき、うろたえてはいられません。自分自身の判断で生き延びなければ、「その後」がないからです。
一方、発災後の混沌とした状況の中で関係機関・団体がスムーズに連携し効率よく支援を提供するためには、発災前に情報共有のルールや役割分担の手順などを整えておかなければなりません。
また、発災時を生き延びた後、公的支援が整うまでの空白の三日間ないし1週間は、近所の人や身の回りの人に、さまざまな支援を依頼する必要が考えられます。それに対して何か備えはしていますか。
今回の防災フェアは、発災時の自助、直後の共助、その後の公助についてそれぞれの時点に焦点を当てつつ、全体を通して支援の在り方や連携の形について考えます。

●日時:9月10日(日)10時〜16時

●会場:静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップ10階(1001−1・1003)

●主催:静岡県視覚障害者情報支援センター

●プログラム:
1.開会(10時〜10時15分 1001‐1会議室)
挨拶:静岡県視覚障害者情報支援センター センター長 堂本邦子
   静岡県健康福祉部障害者支援局障害福祉課 課長 土屋正純様

2.講演会(10時15分〜11時30分 1001‐1会議室)
『南相馬支援6年半から学んだこと〜継続こそ力なり〜』
講師:的野碩郎(マトノセキロウ)氏(練馬区視覚障害者福祉協会会長)
〜2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに、福島県南相馬市の仮設住宅を中心にマッサージ支援を続けている。「そっと寄り添い、長く思い続け、行動にして表す」をこころに止めながら、被災地の今と今までを伝えます。〜

3.休憩(11時30分〜13時 1001‐1会議室・展望ロビー)

4.防災グッズ展(10時〜13時 1003会議室)
防災グッズ展示
相談コーナー〜住まいの防災対策相談

5.シンポジウム(13時〜16時 1001‐1会議室)
『熊本地震・九州北部豪雨に学ぶ〜どうする!発災直後の支援』
シンポジスト:篠原静雄氏(熊本県点字図書館・館長)
武田貴子氏(北九州市立介護実習・普及センター・歩行訓練士)
菅豊彦氏(静岡市視覚障害者協会・副会長)
コーディネーター:土居由知(静岡県視覚障害者情報支援センター)
〜熊本地震・九州北部豪雨の支援報告から、発災後の支援をどう整えていくか、今何をしておくべきか、今できることを問います。〜

6.閉会(16時)

●後援(予定を含む):
静岡県眼科医会、静岡県立静岡視覚特別支援学校、静岡県立浜松視覚特別支援学校、静岡県立沼津視覚特別支援学校、静岡視覚障害者福祉推進協議会、静岡県歩行訓練士会、静岡県視覚障害者協会、静岡県網膜色素変性症協会(JRPS静岡)、静岡中途視覚障害の会(かがやきの会)、静岡盲ろう者友の会、NPO法人静岡県補助犬支援センター、NPO法人六星

●協力(予定を含む):
静岡市視覚障害者協会、静岡県視覚障害者情報支援センター アイサポ・ボランティア

■お問い合わせ
静岡県視覚障害者情報支援センター
電話:054-253-8180@生活情報・相談部門
メール:info@i-center-shizuoka.jp


●8月のいーらサロンは県民の日イベント「フェスタ・シズウエル」

日時:8月19日(土)10:00〜15:00
会場:シズウエル全館〜2階センターへ
〜恒例!フェスタ・シズウエル。今年はどんな企画で盛り上がるでしょうか。お一人で参加する場合でも、アイサポ・ボランティアの協力で、安心して館内を回っていただけます。1階から7階まで会館全体のお祭りですが、一度センターまでお越しください。〜

“フェスタ・シズウエル”ってどんなイベント?
例えば・・・
爆音戦隊「スンプレンジャー」ショー
なたね油による「ブルゾンちえみ」そっくりショー
葵サンプルによる「食品サンプル」づくり
つみきのそのさんの「積み木遊び」
浦島太郎で高齢者模擬体験
恒例の・・・
サウンドテーブルテニス
盲導犬・白杖体験歩行

   いろいろな企画があります。是非ご参加ください。

申込・問い合わせ:8月16日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp

7月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■7月8日(土) 13:15〜16:45
パソコンの困ったをゾロリ解決!〜何でも相談編

〜こんなときどうするの、いったいこれはなに…。困っていることをお寄せください。実際に現象を確認したり、その場で調べたり、あるいはほかの操作法を試したりして、解決策を考えてみましょう。解決できないときは宿題となるかもしれませんが、極力解決に努力します。

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人(先着順)
申し込み締切:7月5日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


●7月のいーらサロンは「機器展〜目当てのものにタッチ〜」

〜夏休みを前に、便利グッズ展!目当てのものを実際に手にとって、確かめてみるチャンスです。「こんなものありませんか」「こんなことで困っているんだけど」…お任せください。リクエストやご相談をお待ちしています。〜

日時:7月15日(土) 13時15分〜16時
集合:シズウエル5階 集会室
出展協力:視覚サポートなごみ、アジョック疋野

申込・問い合わせ:7月12日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


「出前センターin伊東」開催のご案内
〜機器展、体験会、相談、そしてワンポイント講座〜

今年度から本格スタートした「出前センター」は、〈センターそのままをあなたの町へ〉をキャッチコピーに、県内各所に出向きます。
今回は、読書、歩行・盲導犬、便利グッズ・支援機器類、見えにくさなどの各種相談や体験を、存分にしていただけます。
静岡市から100km越えの伊東市へは初の出前となります。近隣の皆様お誘いあわせの上、どうぞご参集ください。どなたでもご参加いただけます。
なお、ご不明な点などございましたら054-253-8180までご連絡ください。

●日時:7月14日(金)、10時〜16時

●場所:伊東市健康福祉センター・2階大ホール
(伊東市桜木町2−2−3、0557-36-8688)

●内容:
1.センターのサービスご紹介(10時〜16時):読書、利用登録、各種相談など。
2.便利グッズや支援機器類の体験(10時〜16時):拡大読書器、日常生活お役立ちグッズ、快速よむべえなど。
3.盲導犬体験(10時〜16時):盲導犬に興味のある方、盲導犬歩行を考えている方など、ご相談・体験ができます。
4.歩行と移動の相談会(要予約):白杖の使い方やガイド歩行の悩みなど、お一人でもご家族と一緒でも、お気軽にご相談ください。10時30分と11時30分の2コマです。事前に予約している方を優先して対応します。
5.デイジー入門講座(要予約):新型プレクストークはサピエに直接アクセスできます。高機能・高品質になったPTR3を体験していただけます。もちろん愛用の機種についても何かあればお気軽にどうぞ。
※10時30分と11時30分の2コマです。それぞれ若干名を受け付けます。事前に予約している方を優先して対応します。
6.声掛け・見守りのワンポイント講座(14時〜15時30分):視覚障害者が町中を安全に移動するためには、社会全体のセイフティネットが重要です。
「見守ることと声をかけること」。そのためのワンポイント講座を開催します。

●協力:伊東市障害福祉課、日本盲導犬協会「富士ハーネス」、タイムズコーポレーション、コミニショップレッツ

●申込・問い合わせ:静岡県視覚障害者情報支援センター
TEL:054‐253-8180(生活情報・相談部門)
 Mail:info@i-center-shizuoka.jp


◆6月26日(月)臨時休館のお知らせ◆

6月25日(日)「利用者懇談会」を開催しますので、翌26日(月)は臨時休館とします。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


■利用者懇談会のご案内

いつも当センターをご利用いただきありがとうございます。
静岡県視覚障害者情報支援センターは、利用者の皆様のご意見を伺い、情報交換を図る機会とし、平成29年度利用者懇談会を下記のとおり開催いたします。
なお、当日は新型プレクストークの体験会等も行いますので、事前の申し込みが必要となります。

【日時】 6月25日(日)11:00〜16:00(10:45開場)
【会場】 浜松市福祉交流センター 2階 21会議室
(浜松市中区成子町14-8 電話053-452-3131)
【内容】
[1]懇談会 職員紹介とごあいさつ 13:00〜
       意見交換 13:30〜
[2]読書の楽しみ方と新しい機器・メディア
   新型プレクストーク体験会
   【要予約】11:00と15:00の2コマ(各1時間・定員各8名)
   快速よむべえ体験会 15:00〜
[3]相談コーナー(歩行訓練士)もご利用ください。
【申込・問い合わせ】
電話:054-253-0228、054-253-8180
E-Mail:info@i-center-shizuoka.jp


■6月3日(土)は「歩行サロン」
残り1枠!〜15時の予約をお急ぎください〜

白杖の選び方や購入の仕方、あるいはガイド歩行についてなど、歩行にまつわる悩みや疑問などにお答えします。こんなときはどのように白杖を使えばいいの?とか、ガイドさんとうまく歩けないけどどうしたらいい?など、体験しながら疑問を解決していただけます。
歩行訓練士2人(女性と男性1人ずつ)が、予約された方に個別に対応しますので、女性の方も男性の方も、お一人でもご家族とでも、安心してご利用いただけます。
外歩きを楽しく、そして少しでも安全な移動を身につけていただければと思います。そのお手伝いをいたします。

●日時:
6月3日(土)、13時〜16時
※なお、15時からの1枠のみ予約可能です。
※今後、9月2日、12月2日、3月3日に実施します。

●申込:
お一人(1家族)あたり、1時間程度を予定しています。
毎時00分の予約を受け付けます。(1時、2時、3時)
※15時からの1枠のみ予約可能です。
参加ご希望の方は、5月31日(水)までに、センターへお申し込みください。
電話:054-253-8180


6月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■6月10日(土) 13:15〜16:45
ネットリーダーをしなやかに使う〜移動コマンドの威力

〜情報の山はそこにある…インターネット。登らなくてもいいけれど、存分に利用しなきゃ、損損。だからネットリーダーを使いこなそう!しかもしなやかに。タブキーを連打するのは、もう古い!指が覚えるジャンプコマンド。「目当ての情報に素早くアクセス」をポイントに。〜

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人(先着順)
申し込み締切:6月7日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


●6月のいーらサロンは「UDCast体験〜映画館で音声解説!〜」

〜スマホがあれば一般の映画館で副音声解説を聞くことができる、それがUDCastです。ソフトのインストールを行ったうえで、実際にセノバの映画館に足を運んで映画を見てみましょう。どんな映画に出会えるかな?〜

日時:6月17日(土) 13時15分〜16時
集合:シズウエル5階 集会室→セノバ映画館
持物:アンドロイド系・iOS系スマホ・タブレット、ヘッドホン(機器の貸し出しは行いません)
料金:映画館で映画鑑賞する際、チケット代がかかります。
申込・問い合わせ:6月14日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


美味しい!楽しい!静岡情報 発行のお知らせ

今年度から、静岡県内各地の美味しいものや名所、楽しいイベントなどの最新情報をお知らせする「点字かわら版」を発行いたします。県内あちこちで入手したご当地のパンフレットから選りすぐりの情報を選び、月1回のペースでお届けします。
第1回目の今回は、『しずまえ新グルメ』のご紹介です。
ご希望の方には、点字印刷したもの(3枚)を差し上げます。データでご希望の方は、メール添付でお送りいたします。ぜひご利用ください。

(以下、かわら版の内容です)
点字かわら版 2017年4月号
― 美味しい!楽しい!静岡情報
『しずまえ新グルメ』のご紹介
「しずまえ」とは静岡市の海に面した地域を指します。由比漁港・清水港・用宗漁港の三つの港があり、ここで水揚げされる魚介類を「しずまえ鮮魚」といいます。今回は、由比・蒲原のグルメを紹介する冊子『しずまえ観光グルメ ガイドマップ』から「しずまえ新グルメ」を10品ご紹介します。
(以下、品物ごとに内容、食べられるお店をしるす)
しずまえドック
 しずまえで獲れた魚をフライにし、レタス等の野菜と一緒にパンにはさみました。ファストフード感覚で手軽に食べることができるヘルシードックです。― やましち(イベント出店時)

しずまえ魚醤焼きそば
 由比漁港にあがる深海魚センハダカを使った和風ナンプラーで味付けした海鮮焼きそばです。由比・蒲原特産の干し桜えびとちりめんをトッピングした、ここでしか味わえない地元の味です。― やましち(イベント出店時)

桜えび春巻
 パリパリの皮の中に、野菜の甘みと桜えび・しらすのうまみが凝縮された”あん”がたっぷり。もちろん、由比の干し桜えびとちりめんを使用した「しずまえ中華メニュー」です。― 井筒屋、丸大飯店、見晴旅館

タチウオのしずまえロール
 チーズと地元で採れた大葉をしずまえで水揚げされたタチウオで巻き、フライにしました。衣には、パセリとともに桜えびの粉を贅沢に混ぜ、見た目の可愛い一口サイズのフライにしました。外はサクサク、中はチーズがとろーり、大葉の風味がふわっと香り、タチウオのうまみが口いっぱいに広がります。― 井筒屋、やましち

桜えびの炊き込みご飯
 生桜えびをそのまま使って炊き上げた由比・蒲原ならではの炊き込みご飯です。生桜えびを使うことで、炊き上がりの桜えびがとてもおいしくなります。ご家庭の炊飯器でも手軽に作ることができますので、ぜひお試しください。― くらさわや、井筒屋

しずまえ天丼
 しずまえで水揚げされる新鮮な魚介類をたっぷりと使った地魚の天丼です。アジ、タチウオ、カマスなど旬の魚の天ぷらと桜えびのかき揚げを乗せた由比・蒲原ならではの贅沢な一品です。― 玉鉾、井筒屋、やましち、くらさわや

SHIZUMAE PIZZA
 しずまえに水揚げされる白身魚の切り身の上に、玉ねぎ・ミニトマト・ピーマン等の野菜、オリーブオイル、チーズを乗せて焼き上げました。簡単・手軽に作ることのできる「しずまえ洋風メニュー」です。― やましち

倉沢太刀魚の一本揚
 由比の倉沢沖で水揚げされるタチウオを3枚におろし、片身を切らずにそのまま揚げた豪快な天ぷらです。タチウオは火を通すと身がフワフワになり、天ぷらにすると衣のサクサク感と相まって絶妙の食感が味わえます。― 井筒屋、くらさわや

しずまえグラタン
 たっぷりチーズの上に桜えびの粉を贅沢に振りかけ、パン粉とパセリを混ぜて、色鮮やかに仕上げました。見ているだけで食欲をそそります!グラタンの中には、しずまえで獲れた旬の白身魚のムニエルとしらすがごろっと入ってボリューム満点!ホワイトソースとよく合い、季節によってお魚が変わるのも魅力の一つです。

しずまえ天ぷらセット
 由比漁港の定置網漁で水揚げされたタチウオとアジを3枚におろし、骨を取って真空パックしたものです。生桜えびと併せて冷凍してありますので、解凍して簡単に天ぷらなどに使えます。

※しずまえグラタン、しずまえ天ぷらセットについては、静岡市水産漁港課(054-354-2337)へお問い合わせください。
※仕入れ状況により提供できない場合がありますので、事前に各店舗へお問い合わせください。
各店舗 電話番号
やましち 054-388-2339
井筒屋 054-375-2039
丸大飯店 054-385-3354
見晴旅館 054-375-2503(桜えび春巻きは、H29年6月以降、要電話確認)
玉鉾 054-375-5357
くらさわや 054-375-2454(しずまえ天丼と倉沢太刀魚の一本揚は、H29年6月以降)

発行日 2017年4月27日
編集 静岡県視覚障害者情報支援センター


●5月のいーらサロンは「静岡あっちこっち〜100均探偵団!〜」

〜侮るなかれ、100均。パズルや折り紙もあれば、生活雑貨もなんでもござる。そして、弱視に見やすいグッズや全盲でも工夫次第で使えるものなど、アイディアの宝庫でもあります。そんな100均を探検しに行こうという、静岡あっちこっち。どんなお宝アイテムに出会えるでしょうか!〜

日時:5月20日(土) 13時15分〜16時
集合:シズウエル5階 集会室
料金:見つけたものを購入する場合は実費がかかります。
申込・問い合わせ:5月17日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


5月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■5月13日(土) 13:15〜16:45
ニュース三昧のフリーソフト〜こんな便利なソフトがフリーなんて!〜

ニュースといえば「マイニュース」…。
しかし驚くなかれ!フリーソフト(無償提供されているアプリ)を使っても様々なニュースを読むことができます。
しかも驚くほどの配信ソウス数から選ぶことができます。
今回はそのようなソフトをご紹介します。
もちろん、マイニュースについてもご要望に応じて取り上げます。

会場:センター内ミーティングスペース
定員:4人(先着順)
申し込み締切:5月10日(水曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(データの受け渡しなどで使用)、ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


●4月15日(土)は「健康いーら〜ボッチャ・リターンズ〜」

〜「ボッチャ」は、3人1組が赤ボールと青ボールに分かれ、それぞれのプレイヤが、手持ち2個のボールを目標となる白ボールに投げ、どれだけ近づけられるかを競いあう競技です。目標となる白ボールの位置がわかるように音を出しますので、全盲でも方向や距離を確認できます。激しく動く競技というよりは、ボールをうまくコントロールする技が光るスポーツです。椅子に座ってプレイします。〜
日時:4月15日(土) 13時15分〜16時 会場:体育館 服装:動きやすい服 持物:飲み物、体育館シューズ 申込・問い合わせ:4月7日(金)まで(054-253−8180) メール:info@i-center-shizuoka.jp


4月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■4月8日(土) 13:15〜16:45
「マイブックでサピエ」
〜マイブックで読める本は、音声デイジーだけじゃない!点字の本も、テキストデイジーも、それからサピエ以外の電子データなども読めるのです。情報は整理して初めて意味を持つ。「本棚」機能を使って手元の情報を賢く管理してみましょう。〜

会場:シズウエル 2階センター内
定員:4人
持ち物:ノートパソコン
USBメモリ(データの受け渡し用)
ヘッドホン(なくてもいいです)

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


■3月4日(土)は「歩行サロン」

時間:13時〜16時(要予約)
お一人(1家族)あたり、1時間程度を予定しています。
申込:参加ご希望の方は、センターへお申し込みください(054-253-8180)

白杖の選び方や購入、あるいはガイド歩行など、歩行にまつわる悩みや疑問などにお答えします。
こんなときはどのように白杖を使えばいいの?とか、ガイドさんとうまく歩けないけどどうしたらいい?など、体験しながら疑問を解決できます。
原則個別に対応し、歩行訓練士が2人(男性および女性1人ずつ)で対応しますので、女性の方も男性の方も、お一人でもご家族とでも、安心してご利用いただけます。


3月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■3月11日(土) 13:15〜16:45
「ネットリーダーでお買い物〜新生活に向けてここからスタート〜」
〜ネットリーダーの無償アドインソフトを使って、アマゾンや楽天市場の商品検索を手早く・手軽に行ってみます。便利で楽しいネットショッピングの世界をぜひどうぞ。新生活を迎える方も、必要なものを手に入れるノウハウを身に着けてみませんか。〜

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


●3月18日(土)は「新生活応援!便利グッズ・機器展」

〜生活の変化が一番大きい季節です。新生活に向けて準備が必要な方を応援します。こんなグッズが必要になりそうだ、あんな機器を使いたい、そんなご要望にお応えし、グッズ・機器を並べます。リクエスト機器展、リターンズです。〜
日時:3月18日(土)13時〜16時
会場:シズウエル 5階 集会室
申込・問い合わせ:3月10日(金)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


●2月18日(土)は「ライブ!音声解説映画」
〜アイサポ・ボランティアの皆さんが手作りした音声ガイドで楽しむ上映体験です。〜

作品:『遊びの時間は終わらない』(1991年、日本)
「筋書きのない防犯訓練」を成功裏に終わらせたい警察本部と、用意周到に計画を練り強盗犯に扮した警官(本木雅弘)とが繰り広げるブラックコメディ。簡単に逮捕できると踏んでいた所長(石橋蓮司)など警察幹部の裏をかいて、徹底対決というドツボにはまっていく。落としどころは…?
日時:2月18日(土)13時〜16時
会場:シズウエル 5階 集会室
申込:2月10日(金)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


2月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■2月4日(土) 13:15〜16:45
「パソコンを散歩する〜システムあっちこっち」
〜次の言葉の中で、あなたはいくつぐらい説明できますか。ファイル、フォルダ、ドライブ、ボリューム、ディスク、ローカル、ネットワーク、デスクトップ、システムフォルダ、隠し属性、拡張子、プログラムファイルズ、コントロールパネル、ライブラリ、ゴミ箱。パソコンを使っていて、わからない言葉が半数近くあった方は、必見!〜

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


出前!「移動センター」in富士宮

●今回の移動センターは「富士宮市福祉機器展」にお邪魔し、センターのサービスをご紹介します。福祉全般の出展がありますが、その中でも視覚障害用の機器類も充実しています。

●参加を希望される方は、054-253-8180 望月まで。お問合せ・ご要望、何でも構いませんのでお電話ください。

第2回富士宮市福祉機器展
〜来て・見て・触って・確かめて〜

普段はなかなかお店で見ることができない、自助具、車椅子、手すり、杖、生活便利グッズなど、一堂に展示します。
日時:平成29年1月14日(土) 10時〜14時
※この時間内のいついらしていただいても構いません。
会場:富士宮市役所7階
※富士宮市弓沢町150番地 0544−22−1145
内容:当センターの出展ブースでの相談・体験など
@見えにくさでお困りのことなんでも相談
A読書案内〜サピエ体験
Bプレクストークの紹介と体験
主催:富士宮市身体障害者福祉会
参加業者:日本盲人福祉研究会/(株)タイムズコーポレーション/(有)めがねの春田/(株)高知システム開発ケージーエス(株)/ほか


●1月のいーらサロンは「駿府・紅葉山庭園散策」

〜駿府城公園内にある紅葉山庭園をご存じでしょうか。「歴史的背景を活かした紅葉山庭園では、城郭の大名庭園を思わせるような様々な表情を味わうことができます。春は桜、夏は紫陽花、秋は紅葉、冬は椿など四季折々の花々を眺めながら立礼席でお茶を楽しむのはいかがでしょうか」とホームページに謳われているように、散策したり、途中休んだり、また、お茶を味わったりしながら、土曜日の午後を楽しみませんか。今回もまた、駿府ウェーブ・原田さんの解説付き!ご期待ください。〜
日時:1月21日(土)13時〜16時
申込:1月13日(金)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


年末年始の休館のお知らせ

いつもご利用いただきありがとうございます。

■静岡県視覚障害者情報支援センターの年末年始の休館は下記のとおりです。
 休館日:平成28年12月29日(木)〜平成29年1月3日(火)

■休館に伴い、図書・雑誌の貸出も下記のとおり休止となります。
 貸出休止期間:平成28年12月28日(水)〜平成29年1月4日(水)

※なお、年末の郵便事情により年内にお届けできない場合もありますので、お申込はお早めにお願い致します。


●12月のいーらサロンは「みんなで手回しクリスマス!」

〜この時期町中はクリスマスソングがあふれ、ちょっと耳につくうっとうしさ。でも、ここシズウエルでは癒やしの音楽。しかも、1人1人の個性が光る「手回しオルゴール」の響きです。自分でパンチングして作曲することもできるこのオルゴールの魅力に迫りつつ、ゲームなども楽しみながら、年の瀬をご一緒しましょう。〜

日時:12月17日(土)10時〜16時
会場:シズウエル 5階 音楽室
参加費:1000円(昼食・おやつなど)
申込:12月9日(金)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


12月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■12月10日(土) 13:15〜16:45
「エクセルで万年カレンダーを作る」
〜関数を駆使して万年カレンダーを作ってみよう。印刷するというよりも、リアルタイムに使えるものを目指す。セルの「見かけ」を自由に変更するテクをはじめ、移動時に音声のロスを減らす工夫を考える。デスクワークを効率化するアプローチに迫る!〜

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


■12月3日(土)は「歩行サロン」

時間:13時〜16時(要予約)
お一人(1家族)あたり、1時間程度を予定しています。
申込:参加ご希望の方は、センターへお申し込みください(054-253-8180)

歩行訓練士が2人(男性および女性1人ずつ)で対応しますので、女性の方も男性の方も、お一人でもご家族とでも、安心してご参加いただけます。
白杖の選び方や購入、あるいはガイド歩行など、歩行にまつわる悩みや疑問などにお答えします。
外歩きを楽しく、そして少しでも安全に、体験しながら、あなたに合った移動のお手伝いをいたします。


●11月19日はボランティア企画・「編み物」しよう!

〜可愛くて、とってもエコな「アクリルたわし」を作ってみませんか。初心者大歓迎!当センターの点訳ボランティア「あみもの点訳会」がお手伝いしますので、安心してご参加ください。

日時:11月19日(土)13時15分〜16時
会場:5階 集会室
内容:アクリルたわし〜コースターにも、花瓶敷きにも
持物:かぎ針7号(お持ちでない方はこちらで用意します)
    ※毛糸も当方で用意しますが、お好きな毛糸がある方はご持参ください。因みに、並太を使う予定です。
申込:10月31日(月)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


11月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■11月12日(土) 13:15〜16:45
アドボイスとVDJWの使い方 〜住所録ソフトの活用法〜
〜今回取り上げるのは、視覚障害者のための住所録ソフト、そして簡易データベースソフト。年の瀬の年賀状準備にあわせ、使い方、活用法に焦点を当てる。エクセルとのデータ互換性もあり、使いだすと手放せないソフトでもある。時間が許せば応用操作にもチャレンジ。〜
定員:4名
持物:ノートパソコン、USBメモリ、アドボイスまたはVDJW

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


10月のいーらサロン「静岡あっちこっち」Part2

芸術の秋。
市民ギャラリーで開催中の「心で観る彫刻展」に足を運んでみませんか。
製作者・緕R賀行(クワヤマ・ガコウ)さんのトークもあります。
隠れて見えない作品の良さを、思う存分触って、あなたの手で見いだしてみましょう。
なお、この彫刻展は、NPO法人 静岡県補助犬支援センターが主催する事業です。

日程:10月29日(土)
集合・出発:12時45分 シズウエル2階センター
解散:16時15分 静岡市役所・市民ギャラリー
参加申込:10月26日(水)まで(054-253−8180)
メール:info@i-center-shizuoka.jp


10月のいーらサロンは「静岡あっちこっち」

静岡の「お町散歩」に出かけてみませんか。
このお出かけには、今現在・養成講座・真っ最中のアイサポ・ボランティアがガイド見習いとして参加しますので、単独でご参加いただいても大丈夫です。

いくつかのグループを作り、呉服町通り〜セノバをぶらり散策など、行きたいところへ自由に行動していただくのを原則とします。

雨天の場合は、「外出」をテーマに座談会風の交流会を行います。

集合:13時15分  5階集会室
解散:16時15分  シズウエル(予定)
申込:10月5日(水)まで

●参加申込
電話:054−253−8180
メール:info@i-center-shizuoka.jp


出前!「移動センター」in森町(2016年9月9日)

●「見えない」「見えにくい」でお困りの方のための『なんでも相談会』を開催します。
●当事者・家族・支援者、どなたでも参加できますので、お気軽にお立ち寄りください。

日時:10月14日(金) 13:00〜16:00
※この時間内のいついらしても構いません。
会場:森町文化会館1階 第2研修室(周智郡森町森1485)
※天浜線・森町病院前駅徒歩1分
内容:@見えにくさでお困りのことなんでも相談
A点字・録音図書・雑誌の利用体験
B白杖・ガイド・歩行の体験
C便利グッズの展示・体験
※浜松の盲人福祉研究会に協力をお願いします。

●参加を希望される方は、054-253-8180・望月まで。お問合せ・ご要望、何でも構いませんのでお電話ください。


10月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜

■10月8日(土) 13:15〜16:45
『音をいじって自分の世界を作ってみよう〜音加工に挑戦!〜』

ウィンドウズのスタート音、ちょっとダサいな、自分好みのものに差し替えたい。生録した音を少し変えたい、エコーを付けるとか。サウンド編集したいけど、お金をかけたくない。そんな方のための、音編集講座。
参加者の顔ぶれによって、内容を調整します。
気になる素材があれば、どうぞご持参ください。

日時:10月8日(第2土曜日)、13:15〜16:45
会場:シズウエル 2階センター内
定員:4人
申し込み締切:9月30日(金曜日)
持ち物:ノートパソコン、USBメモリ(インストールなどで使用)、ヘッドホン

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


9月のいーらサロンは「避難所運営ゲーム〈HUG〉体験会」(2016年8月9日)

講師:郷隆志氏(静岡県地震防災アドバイザー)
時間:13:15〜16:45
会場:県総合社会福祉会館 シズウエル 5階 集会室
定員:30名(視覚障害者と健常者と半々)

〜避難所運営ゲーム、頭文字を取って「HUG」というこの体験型シミュレーションゲームが、じわじわとはやっているのをご存じですか。神戸、東日本、そして熊本と続いた地震災害。いつ何時、この静岡をおそうかもしれない東南海地震に備える1つとして、避難所の運営をシミュレーションしておけば、いざというときの安心感に繋がります。視覚障害者でもプレイできるように、文字を大きくし点字をつけ触感を変えて工夫を凝らした「点字HUG」を、専門家の解説・アドバイスで行います。〜

●参加申込
電話:054−253−8180
メール:info@i-center-shizuoka.jp


9月のTTサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜(2016年8月8日)

■9月3日(土) 13:15〜16:45
『パソコンの困ったをゾロリ解決〜何でも相談編』

〜こんなときどうするの、いったいこれはなに…。困っていることをお寄せください。実際に現象を確認したり、その場で調べたり、あるいはほかの操作法を試したりして、解決策を考えてみましょう。解決できないときは宿題となるかもしれませんが、極力解決に努力します。〜

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


■9月3日(土)は「歩行サロン」(2016年8月8日)

時間:13時〜16時(要予約)
お一人(1家族)あたり、1時間程度を予定しています。
申込:参加ご希望の方は、8月31日(水)までに、センターへお申し込みください。
電話:054-253-8180

歩行訓練士が2人(男性および女性1人ずつ)で対応しますので、女性の方も男性の方も、お一人でもご家族とでも、安心してご参加いただけます。
白杖の選び方や購入、あるいはガイド歩行など、歩行にまつわる悩みや疑問などにお答えします。
外歩きを楽しく、そして少しでも安全に、体験しながら、あなたに合った移動のお手伝いをいたします。


県民の日イベント「フェスタ★シズウエル」(2016年7月19日)

『みんなで使えるグッズ展〜ゲーム、雑貨、便利機器』

日時:8月20日(土) 10:00〜15:00
場所:県総合社会福祉会館シズウエル 2階 当センター内
内容:地域の子供たちもたくさん来場することから、オセロやトランプなどのよく知られたゲームや音当てゲーム「アラビアの壺」を楽しむコーナーを設けます。また、自由研究に役立ちそうな「便利グッズあれこれ」、点字体験コーナーなど、興味を深められる企画も準備します。
*年に1度のお祭り「フェスタシズウエル」に、当センターも参加します。
*会館全体でさまざまな企画を用意していますので、足を運んで楽しんでいただければと思います。


■利用者懇談会のご案内
〜センター2年目の懇談会は、なんと、沼津祭りの裏をゆく!〜(2016年6月13日)

2年目を迎えたセンターの「利用者懇談会」は、7月31日の午後、東部地区・沼津市立図書館で行います。県内どこからでもご参加いただけます。ふるってご参加ください。
今回の懇談会は2部構成となります。13時からの第1部は皆さんからご意見を聞かせていただく「全体会」、14時45分からの第2部は「アイホン体験会」と「ぶらりお散歩」とに分かれます。詳しくは下記をご覧ください。

●13時〜14時30分、全体会
当センターは、おかげさまで2年目を迎えることができました。皆様から、よくなった点、改善してほしい点、お叱りなどなど、あらゆる声を聞かせていただければと思います。寄せられた声については、可能なものから、センターのサービスや職員の接遇に取り入れていきたいと思います。また、限られた時間ということもありますので、事前にご意見やご要望を寄せていただければ、準備し回答させていただきます。

●14時45分〜16時15分、センター初!持ってない人のアイホン体験会
鰍mTTドコモ「ドコモ・ハーティ講座」様のご協力を得て、センターでは初めてとなる、アイホン体験会を行います。今回は、アイホンを持っていない人が対象です。ごく初歩的な内容となります。定員は14人です。先着順に申込を受け付けます。

●14時45分〜、ミステリぶらりお散歩
実はこの日、沼津の町中は、夏祭りで盛り上がっています。狩野川の花火大会2日目、その雰囲気を少し感じてみませんか。どんなツアーになるのやら…。

●日時
7月31日(日)、13時〜16時30分
※受付12時30分、開会13時。

●会場
沼津市立図書館 4階 第3講座室
(沼津市三枚橋町9−1、電話055-952-1234)
※公共交通機関または徒歩でご参加ください。

●待ち合わせ
駅を含め混雑が予想されますので、特に単独で参加される方を対象に、沼津駅で待ち合わせします。利用する方は、お申し込みの際に合わせてご連絡ください。
待ち合わせ:沼津駅南口改札、有人改札を出たあたりに12時

●申込と定員
※この懇談会に参加される方は、事前にお申し込みください。また、第2部につきまして、どの企画に参加するか、お知らせください。
電話:054-253-0228
メール:info@i-center-shizuoka.jp
全体会:定員はありません。
アイホン体験会:定員14人。アイホンを持っていない方が対象です。使っている方は参加できません。先着順となります。
ぶらりお散歩:特に定員はありませんが、顔ぶれや人数で内容が変わります。

●お申し込みのときにお聞きする項目
・氏名・フリガナ
・住所地
・当日連絡が取れる電話番号(携帯がなければご自宅の番号)
・参加手段:単独歩行、ガイド付、盲導犬
・待ち合わせの有無:必要、不要
・第2部のコース:帰宅、アイホン体験会、ぶらり散歩
アイホン体験会に参加する方には次の点もお聞きします。
・現在所有している携帯:ガラ系、アイホン、アイホン以外のスマホ


7月のいーらサロンは「知っ得!円皮鍼(えんぴしん)」(2016年6月13日)

日時:7月16日(土)13:30〜15:30
場所:県総合社会福祉会館 シズウエル 5階集会室
講師:梅原慈香氏(鍼灸・マッサージ氏)
持物:薄手のタオル
※円皮鍼代・実費(300円)がかかります。

〜自分で打てる!ミニ針・円皮針〜
円皮針は、ちっとも怖くない、そして痛くない、丸いテープに付いた0.9ミリのミニミニ針です。アマゾンなどの通販で購入できます。
東洋医学を代表する鍼はもちろん専門家の領域です。
しかし、自分で自分に施すには免許はいりません。腕がちょっと痛いときや肩がこって憂鬱なときに、素人でもできるミニ鍼が「円皮針」なのです。
自己治癒力を高め、痛みを和らげ、生活を快適に過ごすアイテムを自分で使いこなしてみませんか。
それに、ちょっとしたおまけ…。ふくらはぎのむくみを取る手技もご紹介します。
どうぞご参加ください。

●参加申込
電話:054−253−8180
メール:info@i-center-shizuoka.jp


7月のITサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜(2016年6月13日)

■7月9日(土) 13:15〜16:45
『ネットショッピングで買い物を賢く、そして楽しく』

正しく使えば、ネットショッピングほど効率よく買い物できるものはなし。
代表的なモールサイトを取り上げ、実際に買い物の流れを体験してみましょう。
参加者の要望があれば、そのサイトを分析し、効率よくショッピングする術を考えてみます。
オークションやコープのサイトにも挑戦してみるかも。

●持ち物:
できるだけ日頃お使いのパソコンをご持参ください。
高知開発システム社のネットリーダーが必要です。
インストールしているかどうか、ご確認ください。
ご不明な点がございましたら、どんなことでも、センターまでお問い合わせください。

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


■6月4日(土)は「歩行サロン」
残り1枠!〜15時の予約をお急ぎください〜(2016年5月23日)

歩くことやガイドの受け方について、疑問に思っていることや不安はありませんか。
こんなこと今さらきけないよな、なんて思っていること、ありませんか。
そんなとき強い味方が、この「歩行サロン」です。
白杖の選び方や購入、あるいはガイド歩行など、歩行にまつわる悩みや疑問などにお答えします。
お一人お一人個別に行い、歩行訓練士が2人(男性および女性1人ずつ)で対応します
ので、女性の方も男性の方も、お一人でもご家族とでも、安心してご利用いただけます。
こんなときはどのように白杖を使えばいいの?とか、ガイドさんとうまく歩けないけどどうしたらいい?など、体験しながら疑問を解決していただけます。
外歩きを楽しく、そして少しでも安全な移動を身につけていただければと思います。そのお手伝いをいたします。

●日時:
6月4日(土)、13時〜16時
※なお、15時からの1枠のみ予約可能です。
※今後、9月3日、12月3日、3月4日に実施します。

●申込:
お一人(1家族)あたり、1時間程度を予定しています。
毎時0分の予約を受け付けます。(1時、2時、3時)
※15時からの1枠のみ予約可能です。
参加ご希望の方は、5月31日(火)までに、センターへお申し込みください。
電話:054-253-8180


6月のITサロンへのお誘い
〜趣味に!実益に!そしてスキルアップに!〜(2016年5月23日)

■6月11日(土) 13:15〜16:45
『エクセル関数初歩の初歩、の初歩』

エクセルを活用するなら、やはり関数でしょう。しかし関数は難しい!
そこで、「エクセル関数、みんなで学べば怖くない」とばかりに、挑戦するの巻。
エクセルを学習していくためのヒントや参考サイトなどを紹介しつつ、基本の関数3つをマスターします。
取り上げる関数は…。
複数セルの合計を求めるsum。
個数を数えるcount。
そして、条件判断に用いるif。
さあ、チャレンジ、チャレンジ!

●持ち物:
できるだけ日頃お使いのパソコンをご持参ください。
マイクロソフト社のオフィスが必要です。インストールしているかどうかご確認ください。

●お申込みはお早めに!!予約優先
メール:info@i-center-shizuoka.jp


5月の土曜サロンは「おせんげんさま散策」〜春の散策シリーズ第2弾(2016年4月21日)

日時:5月21日(土)13:00(集合)13:30〜16:00
集合場所:当センター
※小雨決行・大雨の場合は「座学散歩」
〜今回は浅間神社をテーマに選びました。「おせんげんさま」というのは、賤機山のふもとに鎮座する三つの神社の総称です。古代からの歴史と、江戸近世の豪奢な建物を、ガイドさんのわかりやすく楽しい解説に酔いしれながら、五感で味わいます

●参加申込
電話:054−253−8180
メール:info@i-center-shizuoka.jp


5月のITサロンへのお誘い 
〜お申込みはお早めに!!予約優先〜(2016年4月21日)

メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180

●5月14日(土) 13:15〜16:45 
ネットリーダーをしなやかに使う〜移動コマンドの威力〜

〜情報の山はそこにある……インターネット。登らなくてもいいけれど、存分に利用しなきゃ、損損。だからネットリーダーを使いこなそう!しかもしなやかに。つまり、タブキーを連打するのは、もう古い!指が覚えるジャンプコマンド。「目当ての情報に素早くアクセス」をポイントに。〜


4月の土曜サロンは「ピラティス講座」(2016年3月16日)

●日時:4月16日(土)13:00(受付)、13:30〜15:30
●会場:シズウエル6階体育館
●持物:バスタオル・体育館シューズ
●内容:「ピラティス」って、ご存知ですか?
ピラティスとは、ヨガのストレッチ効果とウエイトトレーニングの筋力緊張を同時にもたらすメソッドです。美しい体の線を保ちながら、しなやかな筋肉をつける点が特徴です。考案者のジョセフ・ピラティスは「10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で身体のすべてが変わる」と言っています。
とはいっても入門編です。
普段なかなか体を動かす機会のない“あなた”!
少し体を動かして、スッキリ効果を手に入れましょう。
●参加申込
電話:054−253−8180 メール:info@i-center-shizuoka.jp


4月のITサロンへのお誘い
〜お申込みはお早めに!!予約優先〜(2016年3月16日)

メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180

●4月9日(土) 13:15〜16:45  動物村探検ゲーム〜初心者編
〜日本人視覚障害者が作ったクオリティ1の冒険推理シューティングゲーム。限られた情報を基に立ちはだかる猛獣を打ち倒し、狸村にたどり着いてレベルクリア。用意されたレベルはなんと30。これがフリーソフトだというのだから、ありがたい。パソコンをもっと楽しく使いたい方、集まれ!〜


3月のITサロンへのお誘い
〜お申込みはお早めに!!予約優先〜(2016年2月16日)

メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180

●3月12日(土) 「サピエにアクセス」 13:15〜15:00(定員2名)
ご自身でまだサピエにアクセスしていない方を対象に、サピエ体験をしていただこうという企画。サピエとは?何があればアクセスできるの?具体的にはどうするの?そんな疑問にお答えします。


3月の土曜サロンは「施設見学会〜富士ハーネス」(2016年2月16日)

●日時:3月19日(土)

●集合:8時50分まで 静岡県総合社会福祉会館(シズウエル)玄関前(9時出発)
    ※富士宮駅からも乗車可(要相談)

●旅程:9時センター出発→富士宮駅経由→白糸の滝見学→富士ハーネス見学→復路。

●参加費:マイクロバスをチャーターしますので、その額を人数割りします(2000円〜3000円)。そのほか、昼食代など、実費。

●内容:県内には、視覚障害に関連した施設がいくつかあります。今回は、盲導犬の育成を行っている日本盲導犬協会・富士ハーネスにおじゃまします。どんなところ?何をしているのかな?私たちとのつながりは?

●参加申込
電話:054−253−8180
メール:info@i-center-shizuoka.jp


出前!「移動センター」in沼津(2016年2月3日)

●「見えない」「見えにくい」でお困りの方のための『なんでも相談会』を開催します。
●当事者・家族・支援者、どなたでも参加できますので、お気軽にお立ち寄りください。
●東西に長い静岡県、当センターが皆様のお近くにお邪魔します。今回は、沼津市へ!

日時:3月4日(金) 10:00〜15:00
会場:沼津市役所1階 多目的スペース
内容:
(1)「見えない」「見えにくい」でお困りのことなんでも相談
(2)サピエを利用した図書検索や閲覧、ダウンロードやプレクストークによる 読書体験
(3)白杖を使っての歩行体験・相談、そして、なんと富士ハーネスの協力で盲 導犬歩行の体験も
(4)拡大読書器や情報機器及び便利グッズの展示・体験

協力:日本盲導犬協会(富士ハーネス)
    タイムズコーポレーション
    沼津市障害福祉課


2月のITサロンへのお誘い
〜お申込みはお早めに!!予約優先〜(2016年1月29日)

メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180

●2月13日(土)  13:15〜15:00(定員2名)
内容:「デイジー入門」――初心者を対象に、主にプレクストークの使い方をおさらいします。基本操作を中心に、知っていると便利な機能にも少し、触れてみましょう。


2月の土曜サロンは「移動と歩行に関する相談会」(2016年1月29日)

●日時と会場
2月20日(土)13時〜16時 シズウエル5階 集会室

●内容
お一人お一人、個別にご相談・体験していただけます
視覚障害者にとっての3つのバリア、移動、情報、コミュニケーション。そのうち、移動や歩行に関するご相談にお応えします。杖の持ち方や使い方、ガイドと歩くときに知っておくといいこと、単独歩行での悩みなど、様々なシーンでのご相談をお寄せください。また、相談するだけではなく、その場で体験していただくことも可能です。例えばガイドヘルパーについて知りたい場合、簡単な制度や手続きをご説明したのち、ガイド歩行を試していただけます。
完全予約制となりますので、13時から30分おきに時間をご指定ください。最終16時まで。各回1時間程度を予定しています。

●参加申込
電話:054−253−8180
メール:info@i-center-shizuoka.jp


1月の土曜サロンはリクエスト機器展・体験会(2015年12月17日)

●日時と会場
1月16日(土)13時〜16時 シズウエル2階

●内容
「リクエスト機器展・体験会」
〜お目当てのものをじっくり見たいなら、ぜひこの機会に!〜
今回の機器・グッズ体験会は、みなさんが探しているものを用意するという、「リクエスト機器展」です。漠然とした要望でも、ピンポイントの商品でも、視覚障害に関係するものであれば、頑張って手配したいと思います。お気軽にご相談ください。

●参加申込
電話:054−253−8180
メール:info@i-center-shizuoka.jp


1月のITサロンへのお誘い
〜お申込みはお早めに!!予約優先〜(2015年12月17日)

メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180

●1月9日(土) 13:15〜15:00(定員2名)
「デイジー編集・プレクストーク編」
デイジー編集はプレクストーク本体でもできます(再生専用機を除く)。今回は、プレクストークの編集機能に挑戦してみましょう。
※定員になりましたので、受付を閉め切りました。

●1月30日(土) 13:15〜16:45(定員5名)
「PDFを読んでみるの巻」
ホームページに掲載されているマニュアルやその他文章が、PDFという形式の場合がよくあります。今回は、ネットリーダーやマイブックを使って、このPDFを読んでみましょう。


年末年始の休館のお知らせ(2015年11月30日)

いつもご利用いただきありがとうございます。

■静岡県視覚障害者情報支援センターの年末年始の休館は下記のとおりです。
 休館日:平成27年12月29日(火)〜平成28年1月3日(日)

■休館に伴い、図書・雑誌の貸出も下記のとおり休止となります。
 貸出休止期間:平成27年12月28日(月)〜平成28年1月4日(月)

※なお、年末の郵便事情により年内にお届けできない場合もありますので、お申込はお早めにお願い致します。


■12月の土曜サロンはゲーム三昧(2015年11月20日)

●日時と会場
12月19日(土)10時〜16時 シズウエル2階

●内容
今回は、ユニバーサルデザインなゲームを開発しているGIFT10INDUSTRY(ギフト・テン・インダストリ)の濱田隆史さんをお迎えして、2,3種類のゲームを1日かけて楽しもうという企画です。
音を頼りに順番を推理する「アラビアの壺(壷)」は、とても簡単なルールでありながら、とてものめりこむボードゲームです。
不思議な魅力の「ダッタカモ文明の謎」は、博士役と弟子役に分かれて、出土品をあてるというテーブルゲームです。
目が見えても見えなくても、年齢の差も関係なく、みんなが楽しめるゲームです。
クリスマス先取り!簡単なお茶菓子なども用意して(実費をいただきます)、楽しいひと時を過ごしませんか。

●参加申込
電話:054−253−8180
メール:info@i-center-shizuoka.jp


12月のITサロンへのお誘い
〜お申込みはお早めに!!予約優先〜(2015年11月20日)

メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180

●『お正月のためのデイジー大作戦』
5月から始まったITサロンは、「デイジー」「サピエ」をキーワードに展開中!興味を持ったテーマがあれば、即、お申込みください。全て受付は先着順で、予約が必要です。

●時間と定員
12月12日(土)13時15分から15時まで
定員2名(申し込み先着順)

●内容
気ぜわしい年末年始ですが、読書で一息ついてみるのも乙なもの。本を借りる、サピエからダウンロードする、図書をCDに焼く、そして、聞いて楽しむ。あなたのデイジー正月をサポートします。


11月のITサロンへのお誘い
〜お申込みはお早めに!!予約優先〜(2015年11月11日)

メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180

●『デイジー編集・パソコン編』
5月から始まったITサロンは、「デイジー」「サピエ」をキーワードに展開中!興味を持ったテーマがあれば、即、お申込みください。全て受付は先着順で、予約が必要です。

●時間と定員
11月14日(土)13時15分から15時まで
定員2名(申し込み先着順)

●内容
自分で録音したデイジーを少し編集したい、ということありませんか。そんな時に使えるのが、パソコン版ソフト「PRS」という、プレクストークの一部の機種にバンドルされているアプリです。(「MyStudio PC」という名称のアプリもほぼ同じものです)
余分なところを削除したり、順番を入れ替えたりということができます。
まだ試したことのない方はぜひ、チャレンジしてみませんか。


『11月1日 耳で触れる文化の集い』
〜情報支援センター・リニューアルオープン記念〜(2015年9月30日)

日時:11月1日 10:30〜16:00
会場:シズウエル7階 701・702・703号室
参加費:無料
※どなたでもご参加いただけます。
※直接会場にお越しください。
※昼食は各自でご用意ください。

●703会場 中央ステージプログラム
第1部 リニューアルオープンセレモニー 10:30〜11:00

第2部 記念シンポジウム 11:00〜12:00
「新センター事始め〜小杉あさに始まる歴史と未来〜」
   講師:足立洋一郎氏(浜松視覚特別支援学校)
パネリスト:下村光子氏(元・静岡県点字図書館)、蓮池悟志氏(静岡県中部視覚障害者連合会)ほか
(内容)
 小杉あさのバイタリティー
 図書館35年の思い出から
 利用者として求め続けてきたもの
 新センターの幕開けにあたって

<昼食・休憩・フリータイム> 12:00〜14:00

第3部 歌と講演 14:00〜15:30
 歌 「鳥沢とき恵の熱唱タイム」
  〜静岡にちなんだ歌コンサート〜
 講演 「あなたに“音の玉手箱”〜僕の音人生いろいろ」
     講師:佐々木幸弥氏(音響文化研究家)

●703会場に5つの“こだわりコーナー”を設営
  〜手触り!耳触り!目触り!コーナー〜
 @まあちゃんのカーポート〜これいいぞ!ミニカー大集合〜
 A点字ぽつぽつ博物館〜芳夫のこだわり点字器コレクション
 B満腹レシピ〜食品サンプルコレクター・甲斐〜
 Cさ・ち・やコレクション〜鳴り物オタクの底力〜
 D手で見る絵〜野津芳子の革とビーズの展覧会〜

●701会場 リラックスルーム
 ・体験マッサージ(ライトホームなど)

●702会場 休憩コーナー
 ・昼食・休憩〜ご自由にお休みください。

■問合せ先
 静岡県視覚障害者情報支援センター
 電話:054-253-0228 または 054-253-8180
 メール:info@i-center-shizuoka.jp


◆11月2日(月)休館のお知らせ◆(2015年9月30日)

11月1日(日)「点字の日」を開館しますので、翌2日(月)は臨時休館とします。


10月のITサロンへのお誘い
〜お申込みはお早めに!!予約優先〜(2015年9月30日)

メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180

●『サピエを持ち歩く』
5月から始まったITサロンは、「デイジー」「サピエ」をキーワードに展開中!興味を持ったテーマがあれば、即、お申込みください。全て受付は先着順で、予約が必要です。

●時間と定員
10月10日(土)13時15分から15時まで
定員2名(申し込み先着順)

●内容
電車の中や外出先でのちょっとした時間に本を読みたい、そんな夢が、今の時代、実現できます。
点字も音声も、両方とも可能です。
どんな機器や方法があるのか知りたい方など、操作体験しながら、参考にしていただけます。


■9月19日の土曜サロンは健康&スポーツがテーマ(2015年9月9日)

●日時と会場
9月19日(第3土曜日)
ボッチャ体験:10時〜12時、シズウエル6階体育館
ストレッチ講座:13時〜15時、シズウエル5階集会室
通して参加される方、大歓迎!ふるってご参加下さい。

●服装および持ち物
ボッチャ体験:運動ができる服装。体育館シューズまたは室内履き
ストレッチ講座:運動ができる服装
共通:水筒など、水分補給できるもの

●内容
午前の部:「ボッチャ」という競技にチャレンジします。
3人1組で、赤ボールと青ボールに分かれ、6球ずつを目標となる白ボールに投げ、どれだけ近づけられるかを競います。目標の白ボールの位置では、審判が手をたたくなどするので、全盲でも方向や距離を確認できます。激しく動く競技というよりは、ボールをうまくコントロールする技が光るスポーツです。椅子に座ってプレイします。
県障害者スポーツ協会の指導員がルールをわかりやすく説明してくれますので、初めてでも、何も心配いりません。十分楽しめるようルールも少しアレンジしてあります。

午後の部:県障害者スポーツ指導者協議会・会長の大胡田茂夫様による「普段着でできるお手軽ストレッチ」講座です。
運動不足に対処するために、いつでもどこでもできるストレッチや筋力トレーニングについて、その効果などをお聞きしながら、実際に体を動かします。
普段スポーツから縁遠い方も、少しは体を動かしているという方も、知って得する、試してみる価値大の2時間です。

午前・午後とも、どちらも普段着で参加できますので、お気軽にご参加ください。
●参加申込
電話:054−253−8180
メール:info@i-center-shizuoka.jp


9月のITサロンへのお誘い
〜お申込みはお早めに!!予約優先〜(2015年9月9日)

メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180

●『テキストデイジー・チャレンジ編』
5月から始まったITサロンは、「デイジー」「サピエ」をキーワードに展開中!興味を持ったテーマがあれば、即、お申込みください。全て受付は先着順で、予約が必要です。

●時間と定員
9月12日(土)13時15分から15時まで
定員2名(申し込み先着順)

●内容
さてさて今回は、最近耳にする機会が増えた「テキストデイジー」を取り上げます。
どんな形式かご存知ですか。そして、この形式のデイジーは、どのように取り扱うことができるのでしょうか。
読める機器はどれ?アプリはどれを使う?そんな疑問をきっかけにしながら、テキストデイジーにチャレンジしてみましょう。
持ち物などは、お申し込みいただいたときに、お話を伺いながら決めたいと思います。


8月の土曜サロンは県民の日イベント「フェスタ★シズウエル」
『点字・録音・読み書きの歴史展』を開催します!(2015年7月31日)

日時:8月22日(土) 10:00〜15:00
内容:視覚障害者の大事な情報源である「点字」と「録音」について、その歴史を振り返ります。今ではコンピュータによる点訳、音訳、読み書き、録音、再生が当たり前ですが、もちろんそこには長い歴史があります。

点字についていえば、
   ・ルイ・ブライユの点字発案からおよそ200年
   ・石川倉次の日本点字発案から125年
・コンピュータを利用した点訳が始まっておよそ30年
という年月を経ています。手書き定規からタイプライター、そしてコンピュータ入力、つまり、アナログ点字からデジタル化という流れです。

一方、録音に関しては、
   ・エジソンの蓄音機発明からおよそ140年
   ・オープンテープを使った録音図書が始まっておよそ60年
   ・カセットテープに代わっておよそ40年
   ・デジタル録音・デイジーが採用されて15年
という感じ。こちらもアナログからデジタル化という流れです。

〜 触ったり、音を聞いたり、体験できるものを中心に、これらを実物や写真、年表などで辿ります 〜


8月のITサロンへのお誘い 
〜お申込みはお早めに!!予約優先〜(2015年7月31日)

メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180

● 『点字データの活用について』
日時:8月8日(土) 13:15〜15:00
定員:2名
内容:サピエに登録されているデータは、デイジーデータに比べて、圧倒的に点字データの方が多いってご存知でしたか。
ということは、点字データをうまく利用できれば、読める本の選択肢が、グーンと増えるということです。
紙やピンディスを指で読むのも一つの方法ですし、他に、直接合成音で読む方法もお勧め。
今回は、そんな「点字データの活用法」に焦点を当てます。
「ブレイルメモの使い方がわからない」「ブレイルセンスでサピエにアクセスしたい」「パソコンではどのように扱えばいいのか」などなど、個々の具体的な環境に合わせて考えていきます。

● 『よむべえ新旧比較体験会』
日時:8月29日(土)  13:15分〜16:45分
定員:5名
内容:先日展示品に加わった「よむべえスマイル」と、旧「よむべえ」との比較体験会を行います。
旧「よむべえ」をお持ちで機器の更新を考えている方や、「よむべえスマイル」に興味のある方、ぜひ実際に試していただければと思います。

(参考)
「よむべえスマイル」の新機能:手書き文字対応、点字読み取り、DVD再生(画面を接続する必要あり)


8月の土曜休館日の変更について(2015年7月31日)

●8月15日(土)休館します。

8月は22日の第4土曜日が「県民の日イベント!フェスタシズウエル」となりますので、第4土曜日を開館し、第3土曜日の15日を休館とさせていただきます。


7月11日(土)「利用者懇談会」
〜新センター、丸ごと大公開!じっくり体験コーナー!〜
(2015年6月18日)

日時:7月11日(土) 10時30分〜15時30分
会場:県総合社会福祉会館(静岡市葵区駿府町1-70)
   6階601会議室、2階当センター内
申込:6月26日(金)まで。電話・メールで。
連絡先:電話 054-253-0228
    メール info@i-center-shizuoka.jp

今回の利用者懇談会は、リニューアルオープンした新センターを大公開!そしてじっくり体験していただくコーナーを設けました。来て、体験して、話して、聞いて、そして1日いて飽きない、そんな「利用者の集い」を目指しています。

■利用者意見交換会
●会場と時間 6階601会議室  13時から14時
新センターのご紹介と、利用者皆様からのご意見やご要望をお伺いします。日ごろ感じていることや要望など、忌憚のないところを是非お聞かせください。

■2階オフィス大ツアー 〜点字・録音図書製作の旅〜
●会場と時間  2階当センター内
@10時45分 A11時45分 B14時15分
点訳作業室、録音室・編集スタジオ、書庫などを見ていただくツアーです。担当職員が、点字・録音図書の製作から貸出までをご案内します。

■体験コーナーあれこれ
●会場と時間 6階601会議室
@10時45分 A11時15分 B11時45分 C12時15分 D14時15分 E14時45分
※予約優先〜上記時間帯の予約を受け付けています。

(1)ジャパン★エレキット
〜ちょっとオタクな音声と振動の測定器たち〜
電池残量計、温度計、光チェッカー、高度計、紫外線チェッカー、時計、アラーム、タイマーなどをご紹介!

(2)アジョック疋野の世界
〜ルーペ、拡大読書器、遮光眼鏡などなど〜
私にあう「拡大スタイル」は? どんな遮光眼鏡があるの?ルーペと読書器の違い?そんな疑問や悩みにお応えします。

(3)斯波さんちの便利グッズ
〜「探しているものが見つかる」の巻〜
おなじみ、盲人福祉研究会の出張ブースです。何かお探しのものや見たいものなどがあれば、事前リクエストを受付中。

(4)ゲームと触察の世界
〜音と手で楽しむアラカルト〜
様々なアナログゲーム、パソコンゲームなどにチャレンジ! そして、ひと味変わった触る本、触地図満載のガイドブックたち、触る日本地図パズル、地球儀アラカルト…。

(5)〈新センター〉をあなたに、そしてあなたと
〜ご意見・ご要望、各種ご相談をお気軽に〜
新センターへのご意見・ご要望、また、読書相談、訓練相談、IT相談、生活相談など、担当職員がお伺いします。


6月のITサロンへのお誘い〜マイブックで整理整頓〜
(2015年6月9日)

サピエを使いこなすなら「マイブック」がお奨めです。
でも「マイブック」はそれだけじゃありません!
大げさに言うなら、どんなデータ(ファイル)でも、マイブック管理下の「本棚」に整理整頓することができます。
パソコンを自分のツールにするための一つに、指先で操れるファイラー(データ整理ソフト)が必須だと思いますが、マイブックをちょっとしたファイラーにしてしまう、というのが、今回のみそです。
そのほか、マイブックの様々な疑問にもお答え出来ればと思います。
参加要件は特にありませんが、マイブックをインストールしたご自身のノートパソコンがあれば、より直接的に整理整頓に結びつきますので、ご持参いただければと思います。

●時間と場所
6月13日(土曜日)13時15分〜14時45分
シズウエル2階・静岡県視覚障害者情報支援センター・ミーティングスペース

●申し込みはお早めに!!(参加には必ず申し込みが必要です)
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


第1回「誘導テク研修」へのお誘い〜街中でちょっと声をかけたい時のために〜
(2015年4月27日)

街中で視覚障害者を見かけてもなかなか声がかけられない、どのような声掛けをしたらいいのかわからない、そんな経験を持つ健常者の皆さん。
センターでは、ベテランの歩行訓練士が、そんなときのポイントを軽いタッチでお伝えします。
この人は本当に困っているのかな、もし困っているならどのように声をかけたらいいのかな、いやいや困っていないようだけど放っておいて大丈夫かな、そんな素朴な疑問にお答えします。

また、その日の午後、センター企画「駿府城公園史跡探訪」を行いますので、視覚障害当事者と普段あまり交流する機会のない方も、即、実践できます。
午前中だけとか、午後だけとか、もちろん1日通してなど、可能な参加の仕方をお選びいただけます。
お誘いあわせのうえ、ぜひ、ご参加ください。

●日時と場所
5月16日(土)、10時〜12時
静岡県視覚障害者情報支援センター(シズウエル2階)
13時〜16時
駿府城公園史跡探訪

●申込
5月13日(水)までに下記へお願いします。

●センター問い合わせ先
メール:info@i-center-shizuoka.jp
電話:054-253-8180


5月16日(土)土曜サロン
「駿府城公園探訪」〜徳川史跡を訪ねるお散歩〜

(2015年4月21日)

2015年(平成27年)は徳川家康没後400年にあたり、「家康公四百年祭」がいろいろと企画されています。
そんな盛り上がりに釣られ、私たちも、「駿府城公園の史跡巡り」と洒落込みます。
皆様もご一緒に、初夏の午後、歴史に浸ってくつろいでみませんか。

当日は、観光ガイドのボランティアグループ・駿府ウェイブの方々に、ご協力いただきます。

●予定
受付:12時30分〜
受付場所:静岡県総合社会福祉会館 5階 集会室
開始:13時〜 「史跡探訪あれやこれや」(説明)
   その後、「駿府城公園お散歩」〜いざ、駿府城跡へ!(雨天の場合は室内で講話のみとなります)
終了:16時

●参加費
無料。ただし入館料などの実費(300円程度)が必要です。

●申し込み
参加ご希望の方は、人数を添えて、4月末までにセンター(054-253-8180)までご連絡ください。


第2土曜日は「ITサロン」〜5月からスタート!
(2015年4月21日)

当センターでは、第2土曜日に「ITサロン」を開催します。
今年度のメインテーマは、『デイジーとサピエ』。 音訳図書の代名詞ともいえる「デイジー」と、インターネットの図書館「サピエ」をクローズアップします。
この「ITサロン」は、毎回、定員を2名(原則)とし、その方の希望にあった内容を提供できるように準備しますので、必ず予約をしてください。希望の多い場合は、先着順とさせていただきます。

更に番外編として、第5土曜日には、デイジーやサピエ以外のテーマを取り上げます。こちらは、4、5名を対象とし、ワークショップ的に進めていけたらと考えています。こちらもお楽しみに! 要予約です。

5月9日(土)13:15〜15:00 会場:当センター内
『リンクポケットでサピエオンライン』

インターネットの環境さえあれば、どこでもサピエ図書館にアクセスできてしまうという優れものが、この「リンクポケット」と呼ばれるデイジー機器です。
持ってはいるけど…という方も、とても興味はあるけど…という方も、ぜひぜひこの機会に疑問を解決し、使い方の基本を押さえましょう。
参加要件は特にありませんが、すでにリンクポケットをお持ちの方は、付属のルーターと合わせて持参していただければ、ご自宅と同じ環境を再現できますので、とてもわかりやすいかと思います。

5月30日(土)13:15〜16:45 会場:当センター内
『エクセルを解剖する』

エクセルって、本当は、「えらく苦労するセル」の略???
エクセルをエクセルたらしめている「セル」にポイントを併せ、少しでもエクセルを理解しようというのが今回の企画です。
日頃の疑問やちょっとした小技などを持ち寄って、エクセルを自分のツールにしてしまいましょう。
参加要件は、ご自身のノートパソコンを持参できること。お気軽にお問い合わせください。


4月18日(土)土曜サロン「DVD映画体験」開催
(2015年4月2日)

4月18日(土) 土曜サロン
DVD映画体験〜午前と午後で2作品〜

●内容
今、サピエ図書館では「シネマデイジー」の人気がうなぎのぼりです。今回は、このシネマデイジーと、DVD音声ガイドを通して、映画を体験する企画です。
午前中は、あの懐かしい「スタンド・バイ・ミー」(1986年作品)。それぞれ心に傷を持つ少年4人が、小耳にはさんだ「死体」に興味をそそられ、線路伝いに冒険の旅が進行する物語。原作はスティーブンキングの『恐怖の四季』に収められた1篇で、これもサピエに登録されています(点字)。
午後は、2011年に大ヒットした『ステキな金縛り』。「証人はただ一人、落ち武者の幽霊」というのがこの映画のキャッチ。お堅い法廷という場に、アリバイ証人として、金縛りの術を施したという幽霊侍を引っ張り出そうというのだから、さあ大変!これぞ三谷ワールド、万展開。
お昼は参加者交流の場として、ランチサロン。感想や情報交換や、何でもありのトーク&トーク。昼食をご持参下さい。

●予定
10時:午前の部開始
『スタンド・バイ・ミー』〜シネマデイジーとDVD音声ガイド
12時15分:ランチサロン
13時:午後の部開始
『ステキな金縛り』〜シネマデイジーとDVD音声ガイド
16時:終了

●会場と時間
静岡県総合社会福祉会館 5階 集会室
午前10時から16時まで(途中参加可)

●参加申込
直接会場にお越しください。(不安な方は、2階センターにお越しください)


「静岡県視覚障害者情報支援センター」開所式
(2015年4月1日)

 本日、いよいよ新センターがオープンしました。
 その名も「静岡県視覚障害者情報支援センター」という、情報提供・情報アクセスの拠点施設です。
 さて、その新センターで、10時45分から、開所式が行われました。
 司会は、新センターを所管する静岡県健康福祉部障害者支援局障害福祉課の課長・渡辺加絵様。
 まずは、新センター長・堂本邦子よりご挨拶申し上げ、続いて、新センターの看板の除幕・掲出を、障害者支援局長・高橋良武様と堂本により行いました。

 お集まりいただいたボランティア、利用者、関係者の皆様、そしてセンター職員など、およそ30人からの暖かく、そして熱い拍手の中、滞りなく式を終えることができました。
 職員一同、新センターの充実に向け、思いと決意を新たにした瞬間です。
 今後とも、利用者の皆様、関係機関・団体の皆様、ボランティアの皆様には、新センターをどんどんご利用いただき、至らない点、要望、どんなことでも結構ですので、お気軽に声をお寄せくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。

 ≪堂本新センター長・あいさつの要約≫
 「このたび、点字図書館と支援センターが統合され、読書支援、情報支援、生活支援の三つのサービスを総合的に提供する情報支援センターとして、生まれ変わることとなりました。
 開設にあたりましては、利用者の皆様、当事者団体の皆様、そして関係諸団体の皆様から、沢山のご意見・ご要望を頂くことができ、ご支援も賜りました。
 そのお蔭をもちまして、晴れて今日の日を迎えることができましたこと、大変喜ばしく、心より感謝申し上げます。
 さて、新しいセンターでは、土曜日を全日開館し、各種イベントを開催して参ります。多くの利用者様にお集まりいただき、ともに学び、ともに楽しむ、交流する場を実現していきたいと思います。
 更に、視覚障害当事者職員と歩行訓練士による相談と支援を、より一層、充実させて参ります。視覚障害・利用者様はもとより、その周辺でサポートしてくださる皆様にも、大いにご利用いただきたいと願っております。
 最後になりますが、静岡県の、視覚障害者のための、情報と支援の拠点として、私共職員一同、努力・精進して参りますので、皆様方には引き続き、当センターへのご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。」


ごあいさつ
(2015年4月1日)

 桜花の候、春の訪れとともに『静岡県視覚障害者情報支援センター』がスタートしました。
昭和44年より、皆様に親しんでいただいた「静岡県点字図書館」でしたが、45年の時を経て、新しい時代に相応しいサービスを提供するセンターとして生まれ変わります。
今までの図書館のサービスは「図書情報部門」としてそのまま引き継がれ、より必要な情報を、必要な時に、必要な形で提供できるよう努めて参ります。
また、皆様の生活と直結する相談・体験・訓練のサービスは「生活情報・相談部門」が担当し、外出・趣味・学業・仕事など、お一人お一人にあったサポートができるよう、関係する施設・団体とも協力して参ります。
 新しいセンターでは、いろいろなイベントを開催していきます。会館内での映画体験会や音楽会、料理教室、スポーツ体験、あるいは、外へ出かけての街中散歩や芸術鑑賞など。皆様のアイデアやご要望にもお応えしながら、共に作りあげていく ≪人と情報≫の交流の場を目指していきます。
 人が集い、学び、楽しみ、繋がっていく場として、皆様をお迎えしたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。

センター長 堂本 邦子




ホームへ戻る